山羊と狐と海岸で

主に雑記、サッカー(jリーグ、マリノス、代表)、音楽、テレビ、旅行などその他趣味に関してです。

疲労とストレス解消と涙活で

疲労が限界に達した時

猛烈に疲れている日がある。燃え尽き症候群になったかのように気持も乗らず、集中力もなく、家に帰っても何もやる気が起きなく、ただただ布団に入って携帯を弄っているだけの何も生産性がない日がたまにある。原因は多分疲労とストレスだろう。昨日が休みだったとか連勤が続いていたとかは関係なくそれは唐突に訪れる。それがまさに昨日だった。

菅田将暉さんと有村架純さんW主演の「花束みたいな恋をした」では菅田将暉さんが社会に揉まれて、大好きな映画やカルチャーにも興味が出せずに、パズドラしかできない人間になってしまう話らしいが、たまにそうなってしまう気持ちはよくわかる。映画は見てないから、その後どうなったかは知らないけど。

目に見えない疲労やストレスが溜まって、知らず知らずに身体の限界に達した時、それを何で発散するかは人によって異なる。例えば音楽を聞いたり、カラオケだったり、お酒だったり、体を動かす事だったりとさまざまだ。

自分の場合は限界まで達した時に映画や音楽やら、もうなんでもいいので感動してとにかく泣きたくなる。逆に言えば、「あ、なんか感動系のもの見たい」と思った時は、ストレス値が限界まで達している証拠だ。毎回毎回泣くわけでもないが、感動を感じることに多分意味があるのだと思う。一時期「涙活」という言葉が出た通り、もしかしたらこれは少数派の意見ではないのかもしれない。

www.yakult.co.jp

 

 

新垣結衣と竹内まりやとアサヒビールで

そんな珍しく疲れ果ててた時に1つのCMに釘付けになってしまった。それがアサヒ 生ビール マルエフビール」のCMだ。新垣結衣さんが最後に「日本の皆さん、お疲れ生です」というだけあってCMの作りからテーマは現代社会に生きるすべての人へのエールだと感じれる。このCMが好きでYouTubeのメイキングを見て、新垣結衣自身もそう言ってただから間違いない。仮に制作陣やお偉いさんがそうじゃないと言ったとしても新垣結衣さんが言ったことが正義だ。新垣結衣さんが赤信号を見て青だと言えばそれが正しいのだ。ただ星野源、お前は一生疲れてろ。

話を戻して、今回疲れている時に心に染みて感動したCMがこちら。これがまた新垣結衣さんというのが良い。なんか良い。これは新垣結衣なのがいいのだ!なぜかはわからないけど!

youtu.be

 

現代社会での疲れ(序盤のシーン)、コロナ禍前の生活様式への懐かしさ(気軽に居酒屋に行ける環境やマスクやのない飲食シーン)に共感を覚えながら、最後に「日本の皆さん、お疲れ生です」とくるこの流れと共に、BGMが感動をもう1ステージ上げてくれている。

それが竹内まりやさんの名曲「元気を出して」だ。

1988年にリリース、竹内まりやさんがアメリカのシンガーソングライター カーリー・サイモンが離婚によって気づいている姿を見て、励ましたい気持ちから作成されたと言われている。そのため、全体を聞けば失恋の歌となっているのだが、CMで使われている一節はまさに疲れている現代人を励ますような、誰しもに当てはまる歌詞だ。

人生はあなたが 思うほど悪くない
早く元気出して あの笑顔を見せて

あのCMの作りでこの歌詞を持ってくるのは反則なほど良い!これほどの名曲だから、入りの一節を持ってきたって感傷的に感じられるのに、さらにCMのコンセプトとあった一節を合わしてくるのだから、もうどうしようもないくらいにいい。

疲れて、身体的にも精神的にも辛い時には心に沁みすぎる歌詞だ。辛い時こそ、このCMのように家族や友達と会ってお酒を飲んだり、美味しい食事を摂ったりするだけで、人生が明るく見えて、幸せな人生なのかもしれない。と、思えるような素晴らしいCMでお風呂に浸かりながらエンドレスで見てしまった。

余談だが、アサヒビールといえばスーパードライだが、マルエフビールはその以前に売られていた幻のビール。アサヒビールが1980年代の低迷期に生き残るために開発された。のちにスーパードライがバカ売れしたのでマルエフビールは終売となったが、根強いファンがいたため今回の復活に至ったとか。

ちなみに商品の由来のエピソードも公式に載っており、ありがちなミスを犯していたのも良い。

<マルエフ>の<エフ>は、
フェニックス(Phoenix)がもともとの由来でしたが、
頭文字が<P>であることに後から気づき、
幸運(Fortune)という由来にひっそり変えた

www.asahibeer.co.jp

 

最後に

昨日、そんな疲労が限界にきて中、本日の休みを有効に使ってゆっくりした結果少しは元気になった気がした。あと、辛い時は「肉を食え」というTwitterが回ってきたのを思い出して、奮発してすき焼きも食べたのだが、その時のお供がアサヒ マルエフビール。まんまとCMにやられた形になってしまったが、それで少しでも幸せな気分になれるのだからコスパも最高だ。こんな日くらいは尿酸値のことは忘れよう。ありがとう、アサヒビール。ありがとう、ガッキー!

 

以上!!!