山羊と狐と海岸で

主に雑記、サッカー(jリーグ、マリノス、代表)、音楽、テレビ、旅行などその他趣味に関してです。

正月とだるまと高崎で

初の東京以外での年越し

先日、とうとう2021年も終わりを迎え、一大イベントの大晦日を迎えた。東京生まれ東京育ち、実家が本家のこともあり、お正月だからと帰省することもなく、むしろ親戚が家に集まる家でもあったので、大晦日や正月は常に東京にいた。

そんな中、去年の結婚もあって、今年は義父母の挨拶がてら大晦日から一泊で妻の生まれ故郷群馬県へ出向くことになった。群馬県の中では高崎市に位置する場所というのが一番わかりすすい。一時期は「グンマー」とネットで散々に擦られに擦られ、「翔んで埼玉」でも未開の地として表現されてたあの群馬だ。

ちなみに群馬県の面積は6,362.28平方キロメートル、可住地面積で共に全国第21位!と中途半端だが、日照時間は2,381時間で全国2位、自動車1台当たり人口、免許取得率(対総人口)、女性免許取得率(対女性人口)は全国第1位!すごいのか、すごくないのか!なかやまきんにくんでも迷いどころだ!

群馬県 - 統計で見る特徴(暮らし)

他に群馬の観光地といえば、草津温泉伊香保温泉。自然も豊かで尾瀬吹割の滝、世界遺産である富岡製糸場など魅力的な観光地は思った以上にある。しかし、PR下手なのか、地味なのか、見向きされていないのかわからないが全国魅力度ランキングでは最下層に位置して群馬県知事がブチ切れしたのも記憶に新しい。逆手にとって「群馬県知事、魅力度ランキングが最下位でないことに激怒!!!」くらいのがよりポジティブにニューズになっていたかもしれない。

www.itmedia.co.jp

ともあれ、そんな群馬県の中で、氷室京介や布袋寅泰の伝説的ロックバンドBOOWYや中曽根元首相、そしてJOYを産んだ街、群馬県高崎市での大晦日を過ごした。ちなみに市といっても高崎市は思った以上に広く459km2もある。これではピンとこないだろうと思うので全国の市の面積ランキングでは159位に位置する!微妙じゃんと思うなかれ、このランキングは全国の市なので792位が最下位だ。なので大雑把に分けると上位グループなのだ。ちなみに東京23区の面積トップ3は大田区世田谷区足立区なのだが、この三つを足しても約170km2にしかならない。(23区自体の面積は627km2)

 

【全国の市】人口ランキング・面積ランキング・人口密度ランキング

 

そんな高崎市で楽しい大晦日を過ごしていたが、自分にはもう一つ密かに楽しみにしていたことがあった。

 

高崎だるま市2021

高崎市の名物はなんといってもだるまだ。願掛けのアイテムで受験の時には塾に置いてあったり、家族の誰かが買ってきたりと見たことある人は多いはずだ。ちなみに、だるまの由来として以下の通り。

「だるま」は達磨大師という人がモデルになっています。達磨大師は9年間もの間、壁に向かって坐禅を行い、手足が腐ってしまったという伝説をもつ禅宗の祖師です。達磨大師はもともとは、インドの生まれですが、中国に渡り禅宗を伝え、広めた人物です。やがてその達磨大師の教えは、日本にも伝わり武士を中心に全国に広まりました。これをきっかけに、鎌倉時代に手足のない形の置物が作られるようになったのです。室町時代には、底が丸くなっている倒れない形の置物である「起き上がり小法師」が日本に伝わりました。しかし、現在の「だるま」が作られたのは江戸時代頃でした。達磨大師の置物を「起き上がり小法師」の形に作るようになったのです。これには、達磨大師の困難や苦労にもくじけない思いが込められています。

journal.thebecos.com

 

昨年、NHKでだるま市のニュースを見てから少し興味があったのだが、ちょうど今年大晦日から高崎市いたこともあって今年伺う絶好の機会が訪れた。

1/1~2で行われる高崎だるま市は高崎駅西口で行われ、今年は昨年よりも6割増の10万人の賑わいを見せた。

県達磨製造協同組合に加盟する約50店が出店し、伝統の高崎だるまを売りさばき、飲食店も約20店が並び、にぎわいを支えた。会場には、マスクをした高さ2・8メートルの巨大だるまとともに1・7メートルの金色と赤色の願掛けだるまも登場。

news.yahoo.co.jp

そんな中行った、高崎だるま市。

これが久しぶりのお祭り感もあってか、めちゃくちゃ楽しかった。だるますごい、だるま最高!!

まずやっぱりでかいものは単純に惹かれる。まずだるまがでかいってなんだ。

f:id:zwtea030:20220105223313j:plain

コロナ禍も相まってマスク姿の巨大だるま。逆に今しか見れない姿だ。

そして金色のだるまも登場。金色ってだけでなんか神々しさがある。

f:id:zwtea030:20220105220027j:plain

ちなみにだるまに願掛けを書きたい放題。

去年から実家から依頼されて今年も買ったのが、「干支だるま」。去年は牛の柄をしただるまだったが、今年はトラ柄でとても可愛い。しかも作り手によって顔が違うので、どれにしようか迷いどころだ。個人的には寅柄のぐんまちゃんの顔しただるまがあって欲しかった。ちなみ普通のダルマ以外のは1個2,000円。ちなみに普通のだるまもこれでもかってくらい売られている。

f:id:zwtea030:20220105213446j:plain

中には「お前ライオンだろ?」ってやつも。

 

f:id:zwtea030:20220105215646j:plain


だるま以外にも群馬県の名物の出店もたくさん出ており、焼きまんじゅうやだるま食堂の煮込みやその他諸々とあり、だるまと写真撮ったり、願掛けしたり、ご飯食べたりすれば2〜3時間は楽しめるかもしれない。

 

takasaki-darumaichi.com

 

最後に

東京以外で過ごす初めての大晦日。本来の目的ももちろんだが、何より高崎だるま市を介して久々のお祭りを味わえたのが何よりも良かった。実家の十二支だるまも2つ目をゲットすることもでき、少なくともあと10回はだるま市に出向くことになるだろう。

十二支だるま全部集めたら、ドラゴンボールみたいに神龍みたいなでかいだるまでも出て長いでも叶えてくれないだろうか。願い事はいろいろあるが、何がいいかと考えたらこれしかないだろうなと思った。

「神龍だるま!!群馬を全国魅力度ランキング最下位にしてくれ!!!」

以上!!!!!