山羊と狐と海岸で

主に雑記、サッカー(jリーグ、マリノス、代表)、音楽、テレビ、旅行などその他趣味に関してです。

2022年Jリーグ開幕に向けての予想②

2022シーズンJリーグ 2/18開幕 続き

 

【中位予想】

一桁順位予想(順不同)湘南ベルマーレ、鹿島アントラーズ、C大阪

10位以下 (順不同)北海道コンサドーレ札幌、FC東京、C大阪、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡

湘南ベルマーレ...今季、浦和に並んで注目のチーム。毎年のようにシーズン後に草刈り場と化してた湘南。「お爺さんは芝刈りに」は昔話の定番の入りだが、その芝刈りは湘南のことを指していたのでは?というくらいの刈られっぷりだ。そんな湘南だが今冬は主力残留はほぼ残留。それにプラスでセンターラインに永木、米本のキャプテンシー溢れる2人を補強。さらに毎年恒例の得点力不足には柏から瀬川を獲得することで補強。得点力不足が少しでも解消できれば一桁順位もなにも驚かない戦力だ。

鹿島アントラーズ...脱ブラジル化を図り、スイス人のレネ・ヴァイラー監督を招聘。コーチも岩政大先生、元大宮のムルジャを迎えて、新たな鹿島に変貌することができるか。FWには鈴木優磨の加入だったりで破壊力はありそうだ。しかし、町田犬飼のビルドアップ隊CBが抜けて、残るは関川キム・ミンテと守備に不安が見えそう。それにプラスしてビルドアップもスムーズに出来るのかに一抹の不安を覚える。新監督の合流も遅れ、特にシーズン序盤は苦労しそうなので中位予想。

北海道コンサドーレ札幌...こちらも移籍が噂されてた主力がほぼ残留。プラスしてチャナティップの後釜にガブリエルシャビエル、ジェイの後釜に興梠慎三で穴埋め。また西大伍の帰還などもありトータルで見たら戦力はプラスになる気も。今年も抑強扶弱の精神を存分に発揮すると予想して中位!

FC東京...スペイン人のアルベルト監督を招聘。補強も鳥栖の山下や仙台のGKヤクブスヴァビック、また注目株の松木玖流も新加入。役者揃ってる感はあるけど、アルベルト監督が志向するサッカーでできるメンバーなのかは不明。言ってしまうと、アルベルト監督が率いていた新潟の試合も見たことないので、なんとなくしかどんなサッカーするか知らないので、消去法的に中位予想。

C大阪...どっかのライターはセレッソを下位予想していたが個人的には全然悪くないメンツには思える。確かに瀬古や坂元の移籍は痛いが、J2で評価を上げていた上門や毎熊、中原と息のいい若手で補強し、瀬古の穴はマテイ・ヨニッチが復帰を本日発表し、その点は何も心配いらないだろう。それらの若手組が躍動すれば上位進出も狙えるかもしれない。あとはそれらを纏める監督の力量が試されそうだ。

サンフレッチェ広島...大きな補強もなければ、大きな放出もなく凪のようなストーブリーグを過ごした印象。大きな変革はドイツ人監督のミヒャエル・スキッベ監督の招聘。ただ例にも漏れず広島でも肝心な監督が来日できない状態でいる。監督不在で、大きな変化のないメンバーであれば上位躍進の可能性はさすがに根拠を示すことが出ない。どんなサッカーするのかも楽しみではあるが、すぐすぐに結果は出ないと予想して中位予想。

アビスパ福岡...5年周期のエレベータークラブも長谷部監督の元、昨シーズンはJリーグのサプライズとして話題をさらった。今シーズンも戦力を大幅に落とすことなく、ジュビロからルキアンや浦和から田中達也、その他DF奈良など実力者も補強。問題は2年目となり、対策を打たれた際にどう打破できるか。それが見出せればJ1の定着が出来そう。いい意味で今シーズンはサプライズで無くなりそうだ。なにより去年は川崎に土をつけてくださり、誠にありがとうございました。今年も何卒よろしくお願いします。

 

 

【残留争い、降格】

(順不同)柏レイソル、清水エスパルス、ジュビロ磐田、京都サンガ、サガン鳥栖

柏レイソル...降格候補①。クラブに黄金期をもたらしたネルシーニュはもはや完全に時代に取り残されたのかもしれない。求心力を失ったかのように感じた昨シーズン、途中で移籍した江坂を筆頭に今オフでは功労者たちとの別れを告げた。個人的には今オフで圧倒的に閉塞感が漂っていたように感じたクラブだった。とりあえずドウグラスや小屋松の補強をしたのだがら、カウンター中心の戦い方でやり過ごすしかなさそうだ。それにより残留できる可能性はまだ見えるが、ただそれがクラブに何を残すのかはわからない。

清水エスパルス…ロティーナ体制が不本意に終わった去年、2年連続で平岡監督がクラブを救った形となった。昨年の大型補強から一転、比較的静かなシーズンだった。白崎や神谷を獲得し、層を厚くしたが、特にJリーグを圧巻するイメージはつかないので、この枠に。ただ余裕に残留は決められそうな戦力層ではあるので特に降格の心配はなさそう。

ジュビロ磐田…降格候補②。昨シーズンはJ2で優勝を飾ったが、その立役者だった得点王のルキアンが福岡に移籍。後釜として杉本健勇を獲得したが、補強というよりは補充に近いイメージ。元マリノス勢が多く応援したい面もあるが、メンバーを見る限り、ちょっと厳しいようにも思える。楽しみとしては選手権に静学で話題をさらった古川陽介。どこまで試合に絡んでくるかが楽しみだ。ただ監督が伊藤 彰監督になり、ポジショナルサッカーを志向するとなるがどこまでJ1で通用するか、そもそもチームに浸透するのかはまだ未知数。

京都サンガF.C…ズッ友の千葉とは別れを告げて12年ぶりのJ1。こちらも現実的な目標はJ 1の残留だろう。もうほとんど京都の情報は知らない。ただスタジアムには行きたいので、是非とも頑張っていただいて、残留を手にしてほしい。自前の専スタを作ってサッカー界を盛り上げてくれたチームには是非とも報われて欲しいが、ネームバリューだけで判断すると残留争いもしくは降格枠に入ってもおかしくなさそう。

サガン鳥栖…今回刈られに刈られたサガン鳥栖。マリノスもエドゥアルド強奪を最後に行い、死体蹴りをおこなってしまったわけだが、メンバーを見ているとなぜだかロマンを感じる。垣田、宮代、西川潤のロマン枠が覚醒すれば面白いことになりそうだ。チームの中心にも藤田が帰ってきたのも心強い。ある意味、川井監督が率いる今季の鳥栖がどこまでやれるのかも今年のJリーグの注目の 1つかもしれない。

 

最後に

明日から開幕する2022年Jリーグ。各紙順位予想などで盛り上がっているが、優勝予想として川崎か浦和が本命として挙げられている。続いての大穴としてヴィッセル神戸、この3つが人気だった。我がマリノスは各紙、各記者の予想では大体3〜5位の間が一番多かった。

ただどの記者も上位に食い込んでくると予想しているのは大体一緒で川崎名古屋神戸浦和マリノスが予想としては上位を占めていた。逆に今シーズン躍動すると思われる湘南に関しては評価が高い層と相変わらずの下位予想と別れていたイメージ。

J1全順位予想。識者5人が推す優勝候補は3チーム。残留争いは半数以上が関わる激戦|Jリーグ他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

【J1・18日開幕】ニッカン記者12人が恒例順位予想(1) V候補筆頭は浦和、5人が支持 - J1 : 日刊スポーツ

王者・川崎Fの3連覇を推す声多数、対抗は? Jリーグ推進委員会 各メディアの優勝予想 - スポーツナビ

 

さて、各紙、各記者だけでなく自分自身の予想もどこまで当たるのか!!シーズン終わりに答え合わせ!!!!

以上!!!!