山羊と狐と海岸で

主に雑記、サッカー(jリーグ、マリノス、代表)、音楽、テレビ、旅行などその他趣味に関してです。

第2節 vs柏レイソル(A)備忘録

連戦の折り返し地点

開幕から早速の過密日程で中2〜3日での5連戦の3連戦目。相手は柏レイソル。柏レイソルは開幕戦で湘南を下し、連勝を狙う。対してマリノスは前節で川崎フロンターレに勝利し、勢いそのままに…と行くはずだった。結果は1−3で完敗

年に1、2度ある、もうどうしようもないくらいの完敗っぷり。

ピッチコンディションもひどく、先日の川崎戦での死闘も相まってコンディションが整えられていないマリノス。全体的に体が重いようにも見受け、先制はしたものの、どこかチグハグ感は否めなかった。

そんな毎回のように苦戦を強いられるアウェイの柏。今回も例に漏れずに大苦戦。大苦戦どころか、マリノスはマルコス、畠中。レイソルは大南、中村と両チーム共に負傷退場が続出。(続行できたが柏のマテウス・サヴィオも芝生に足を取られ、負傷。試合後には喜田が負傷していたことも判明。)

しかも畠中の怪我が発生し、コーチ陣が藤田譲瑠チマと交代をしようと思った矢先、三大マリノス絶対殺すマンの1人、ドウグラス(残る2人は清水の西澤と鹿島の上田)の突破を止めて2枚目のイエローをもらい退場。

これが結果的にこの試合を決定づけた。

その前にもエドゥアルドのビルドアップのミスから細谷が、1人少なくなってからもエドゥアルドが完全に狙われてそこからマリノス絶対殺すマンのドウグラスに決められて逆転。そして後半42分には岩田もDOGSO(得点機会の決定的阻止)により1発レッドカードにより退場を受け、その後小屋松に決められ万事休す。

1試合で2名の退場者を出したわけだが、今季のJリーグではレッドカードが続出しているとのこと。今回の両者の退場は妥当だとも思うし、ほかの試合でも特段おかしな判定でもなかったようなので、退場者増加の因果関係も知りたいところだ。

 

急造CB、SBの弱点の露呈

そんなわけで完全にボコボコにされたマリノス。コンディションは悪かったとはいえ、ドウグラスと細谷の2トップは強力だった。特に細谷は今シーズン躍進の年になるかもしれないと思えるくらいの力強さを感じた。

そして完全に狙われたエドゥアルド。細谷もインタビューで柏のスカウティング通りだったとの発言も。

「下がらずに(前から)行く。エドゥアルドは切り返さないので、強く行けというのが監督の指示」

【柏】20歳細谷が躍動 ハイプレスで横浜を押し切り11年ぶり開幕2連勝(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース

2失点に絡んでしまったエドゥアルド。途中から完全にパニクっていた表情を見せ、混乱状態になってしまっており、エドゥアルドのミスでもあるが、チーム全体の立ち位置なども関係するだろう。同じ左SBでぶっつけ本番だった永戸と再構築が必須な左側を含め、練習や試合を重ねていけば問題ないと思うのでそこまで不安材料でない。エドゥアルドの良さはこれからもっと出るはずだ。2019年のティーラトンのように。

また左サイドバックの永戸や小池も早急な落とし込みが急務。マリノスのサッカーでは特殊な働きをするサイドバックは生命線となる部分だ。前述の昨シーズンまで在籍し、2019年の優勝に大きく貢献してくれたレジェンドのタイ代表ティーラトンはマリノス加入時にことをインタビューで以下のように語っている。

憧れていた横浜FMからオファーを受けた。「お話があって本当に驚いた。自分が横浜FMのサッカーができるのか、できないかもしれないという不安もあった」。そんな想定どおり、加入したシーズン序盤は負傷の影響に加えて、独特の戦術に適応できずに苦しんだ時期もあった。

 それでも、目の前の苦境はひたむきな努力で乗り越えた。トレーニングの映像を自宅で毎日のように確認し、細かく指定されたポジショニングを頭にたたき込んだ。そして次のトレーニングで実践し、身体に染み込ませていった。また、課題となったフィジカル面での強化にもイチから取り組んだ。

「横浜FMが真の王者だと感じた」神戸時代…タイ出身ティーラトンが値千金弾! | ゲキサカ

 

こんなど素人の自分が偉そうに「もっとやれよ」なんて口が裂けても言えないが、マリノスのために永戸と小池の1日でも早い順応が今後のマリノス躍進の大きな鍵を握るかもしれない。その日が来るのが楽しみでならない。

 

最後に

前節、川崎に勝ったことが帳消しとなってしまうようなショッキングな敗戦だった。しかも普通の敗戦ではなく、次節は畠中、岩田、マルコスと攻守の要を欠くことになってしまった。特に今回ミスを連発したエドゥアルドのメンタル面も心配だ。

次節の相手はスター軍団のヴィッセル神戸。はっきり言って負けは覚悟しなければいけないし、引き分ければ御の字だ。救いは神戸も調子が上がらない点。

完敗を喫した次の日の仕事は何よりも辛い。でもこれがJリーグが今シーズンも始まったと思える1つの感情なのでもあった。

 

以上!!!!!