山羊と狐と海岸で

主に雑記、サッカー(jリーグ、マリノス、代表)、音楽、テレビ、旅行などその他趣味に関してです。

春とワインとベランダで

ベランダとお酒

寒い冬が終わり、徐々に暖かくなり、キャンプ場で夜死ぬそうになったのも遥か昔のように感じる今日この頃。ブログをサボっている間に桜は散り、家から見える一本の桜の木はすっかり葉桜へと衣替えしていた。

夜は流石に冷えることもあるとはいえ日中は20°前後と素晴らしい天候だ。春という季節は花や虫、動物、変質者とさまざまな生命を呼び起こす。自分もその1人だ。外にいるだけで心地いい気分になるこの季節。どこかに出かけたくなるとはまさにこのこと。

唐突にこんなブログも書きたくなったのもこの気候が原因だ。

我が家にはちょっとしたベランダがある。ほんとにちょっとしたスペースで、椅子が2つくらいに小さいテーブルが置けるくらいで、洗濯物が干されていたら、体に少し洗濯物がかかるようなベランダだ。

我は今そこで椅子に座って、音楽を聴きながら、ワインを飲んでいる。(現在15時)

f:id:zwtea030:20220408164022j:plain

この時期のこの環境下のワインはロマネ・コンティより価値がある

外から見たら「小さいベランダで何してんだアイツは」とか「春だから変質者が湧く時期か」なんて思われているかもしれない。ただこれがめちゃくちゃ気持ちがいい。感覚で言うとサウナの「整う」に近しい。

休日に昼からジムに行って、シャワー浴びて、すっきりしたところで外気浴する、文面だけ見れば立派なサウナだ。ただサウナの外気浴と違って、ワインが飲める。これが大きい違いだ。このワインがあるかないか、これは大きい差を生じさせる。ディズニーランドに行って、クルーが全員愛想悪いくらい、感覚値が変わる。

しかも「ワイン」であることに意味がある。昼からベランダで気持ちいい風に当たるに最適なのは赤ワインだ。ビールでも、サワーでも、ウイスキーでもない、なんなら白ワインでもない。そう、赤ワインなのだ。これに関しては完全に自分の感覚なので異論反論オブジェクションなんでもござれ状態なのだが、この状況下は赤ワインなのだ。

昼のベランダに限定するとビールはもう少し暑くなってきた夏間近、もしくは夏に飲みたい。ウイスキーは昼ってイメージじゃない。サワーは別に飲みたくない。白ワインと比べたときには、なんか側から見た時に赤ワインのがコントラストありそうなのがいい。

気分は南仏だ(行ったことない)。もしくはイタリアだ(行ったことない)。スペインって感じではないな(行ったことない)。ヨーロッパ人は昼からワインを楽しみというけど本当だろうか。まぁ外国人×ヨーロッパ×ワインって組み合わせが洒落た感じに見えるだけで、やってるこることは日本人×上野×ホッピーと大差はないだろう。

 

ベランダと音楽

このベランダの楽しみ方で欠かせないのは音楽だ。なんてたって野外×お酒×音楽となれば、やっていることはフェスとも変わらない。ただガンガン大音量でかけるのはご近所さんの迷惑になってしまうので、爽やかな曲調だったり、アコースティックチル的なものが最高だ。

これは早急にこのベランダフェスを楽しむために「ベランダフェスプレイリスト」を作るべきかもしれない。今、パッと頭に浮かんだ参加アーティストはサニーデイ・サービスやサカナクション、くるりが頭に浮かんだくらいなので、プレイリストはきっとすぐに埋まるだろう。

個人的に大事なのは周りの環境音だ。これは環境音が悪いのではなく、逆に周りの環境音と融合させるのが理想的で、それにも理由がある。今の住まいの前の環境音は多種多様だ。通行人の歩き声、子供たちの楽しそうな声、車の音、電車の音、換気扇の音など色々だ。これは普通のことであるが、普通のことではない。

以前に1人暮らしをしていたマンションでは目の前を大きい国道があった。国道のそばにあるマンションだったので、近くにコンビニやらスーパーやらなんやりかんやりなんでもあって生活するに何も不便はなかったが、唯一の弱点はだった。

国道が目の前だったので、窓なんて開けようものなら車の音がすごかった。遮音性の高いマンションで閉めてしまえば気にならないような感じだったが、ベランダでのんびりするとか洗濯物干すとかは一切不可能だった。

それに比べれば今の環境はまるで天国だ。実家にいるときは気候の良い時期は常に窓が空いて心地いい風が入ってくる家だったので、それを感じさせるリラックスできる環境なのがとても嬉しい。

その環境で環境音を感じ取れないのはあまりにも惜しい。なので音楽と半々くらいで楽しむのがとても良いのだ。

 

ベランダと終わり

このベランダの最高なタイム、HUNTER×HUNTER風にいえばエンペラータイムは永遠ではない。我が家のベランダの向きは南西なのだが、夕陽へ傾きだすと奥の建物などが邪魔をしてしまう。これが高層階なら問題ないのだろうが我が家は2階なので、その影響をモロに喰らう。それが終わりの合図だ。

いつか理想としては広い、見渡しのいいベランダや庭とかでお昼から夕日までお酒を呑みながらのんびりできる家に住めたらなぁとも思う。昔、吉高由里子とロバートの馬場がハイボールのCMで家の中だかベランダだかで夕陽の中、ハイボールで乾杯するCMがあったが、あれはすごい素敵だった。けど夏は西日がめちゃくちゃ暑そうだなとも思う。

これから夏に向かう。夏の昼間のベランダは流石に暑すぎるが、夏は夜にベランダで楽しめる。去年もそれでのんびりしていたが、以前に友人と一通り飲んだ後に上野公園で座ってお酒を飲んだことを思い出す。周りがタイミング見計らっているいやらしいカップルばっかりだったなぁ。

夏の夜はお酒も音楽の質も変わっていくだろう。であれば、夏まで生きようと思った。

 

以上。